XDのデータを今すぐPSDに変換できる簡単な方法

WebデザインのツールとしてXDは当たり前のように使われるようになってきています。でも納品はPSDを要求されることがまだまだ多いようですよね。

XDは単独でPSDデータを出力する機能がありません。一旦svgやpdfにしてそれを読み込む方法もありますが、それだとレイヤー構造が無くなったり、フォントがアウトライン化されるという問題があります。

PSDデータが必要なときは、PhotopeaというWebサービスを使うことで簡単に変換できます。しかも無料で簡単に使えるので今すぐデータが欲しいというときも使えます。

Photopea

ただし、普通にやると不完全なデータになるのでやり方と合わせてコツを紹介します。

XDをPSDに変換する方法

Photopeaを使ったXDデータからPSDデータへの変更方法を簡単に説明します。

ファイルからXDデータを読み込み。 Photopea ファイルからXDデータを読み込み

ファイルからPSDで保存をクリック Photopea ファイルからPSDで保存をクリック

するとPSDデータをダウンロードできます。テキストやレイヤー構造、複数アートボードもバッチリ適用されるのでPSD上で修正作業も可能です!

Photopeaの注意点

かなり便利なPhotopeaですが注意点もあります。

ダウンロードは2時間おきに15分間だけ

1つめは無料版は2時間ごとに最初の15分しかダウンロードできないこと。12時〜12時15分まではダウンロードできるけど、超えちゃうと2時間待つ必要があります。

保存ボタンを押すと「あと何分待ってください」というアラートが表示されます。有料アカウントなら待ち時間なしで変換できます。 Photopea Photopeaの注意点

マスクやフォントの不具合

マスクした画像がバグります。なのでマスクは外して1枚の画像として表示しておきましょう。

また、一部のフォントが適用されなかったり、線が画像になったりするので注意。

ちなみに、他のサイトの記事には「リピートグリッドを解除」と書いてあることが多いですが、特に問題なく読み込んでくれました。

まとめ

細かい部分で不具合がありますが、レイヤー構造やテキストの編集ができるのは大きなポイント。

Photopeaを使えば、基本的にはXDで作業しつつ最終的な納品データをPSDで、ということも一応可能です。

Copyright © 2020 homupedia.com