AdobeXDはUXデザインツールとしてもっともよく使われるツールの1つ。単に静的なデザインを作るだけでなく、プロトタイピングモードでアニメーションや画面遷移を作ることができるのも大きな特徴です。

ここではWebでよく使われるスライドショーをXDを使って作ってみました。

XDでスライドショーを作る方法

XDの自動アニメーション機能を使ってスライドショーを作ってみます。

STEP1.スライドを作成

スライドショーとして表示するスライドを作ります。画面の外にはみ出しますが、必要な枚数用意します。

ここではスライドを3枚用意し、矢印ボタンも用意しました。

XDでスライドショーを作る方法 STEP1.スライドを作成

STEP2.アートボードをコピーしスライドの位置を修正

次はアートボードをコピーします。コピーしたらスライドの位置を調整します。2つ目のアートボードはスライド2を、3つ目のアートボードはスライド3を中央に移動します。

はみ出しているスライドは削除せず、そのまま残しておきます。

XDでスライドショーを作る方法 STEP2.アートボードをコピーしスライドの位置を修正

STEP3.アートボードをリンクする

最後にプロトタイプモードに変更してアートボードをリンクさせます。アートボード1のスライド1を選択し、青いリンクボタンをアートボード2にドラッグします。

設定はトリガーを「タップ」、アクションを「自動アニメーション」にします。

XDでスライドショーを作る方法 STEP3.アートボードをリンクする

スライドショー完成

完成するとこんな感じ。今回はタップでスライドするようにしましたが、ドラッグでもOK。デザインや挙動をもう少し調整すればプレビューで本物と見紛う出来栄えに。

XDでスライドショーを作る方法 スライドショー完成