更新日: 2022 / 08 / 23

STUDIOで思い通りのレイアウトを作れるボックスの基本

カテゴリー: studio

STUDIOを使ったレイアウトの作成はFigmaやXDのようなデザインツールと違ってちょっとコツが必要です。

コツと言っても「ボックス」の基本操作だけ覚えてしまえば画像もテキストも同じように扱えます。

このページではSTUDIOのレイアウトを使いこなすためのボックスの基本と応用について解説します。

  1. STUDIOのレイアウトを作れるボックスとは?

  2. ボックスの基本操作

    1. STUDIOのボックスの配置方法
    2. ボックスの整列でレイアウトをコントロール
    3. ボックスの設定方法
  3. ボックスを使ったレイアウトの応用

    1. 横並びレイアウトでメニューを作る
    2. 繰り返しコンテンツでグリッドレイアウトを作る
  4. まとめ

STUDIOのレイアウトを作れるボックスとは?

ボックスはFigmaやXDなどのデザインツールで使う四角ツールみたいなものです。

ページ内に配置することができ、その中に画像やテキストを配置してレイアウトを作っていきます。

STUDIOのレイアウトを作れるボックスとは?

ボックスの中にさらにボックスを配置して階層構造を作ることもできます。

また配置した複数のテキストをグループ化することでボックスを作成することもできます。

ボックスの基本操作

ボックスを理解するために必要なのは次の3つだけです。

  • 配置: デザインツールと違って配置できる場所が決まっている
  • 整列: ボックスの周りに表示されるアイコンで中身を整列できる
  • 設定: パディングやサイズの変更の他にHTMLタグやIDを指定できる

以下で具体的に解説します。

STUDIOのボックスの配置方法

ボックスの配置方法は次の2種類あります。

  • 配置したコンテンツの上下左右に配置
  • 空のボックスに配置

ボックスをドラッグすると配置したコンテンツの上下左右にオレンジの線が出てきてその位置に配置することができます。

ボックスの基本操作 STUDIOのボックスの配置方法1

もう1つは配置した空のボックスの中に配置する方法です。こちらは配置できる場所が9箇所あります。

ボックスの基本操作 STUDIOのボックスの配置方法2

ボックスの整列でレイアウトをコントロール

ボックス内に配置したテキストや画像は縦や横に詰めて表示されますが、整列を使うことで両サイドに配置したり、中央に配置させることができます。 整列させるにはボックスの上と左に表示される整列アイコンから行います。

ボックスの基本操作 ボックスの整列でレイアウトをコントロール1

また、ボックスの下にあるアイコンを使うとボックス内のコンテンツを縦方向に並べたり横方向に並べることもできます。

ボックスの基本操作 ボックスの整列でレイアウトをコントロール2

要素間のスペースはマージンやパディングを使って調整します。

ボックスの設定方法

ボックスで行える設定は次の2つがあります。

  • ボックスのパディングやサイズを変更する
  • ボックスのHTMLタグやIDを設定する

パディングやサイズの変更はエディターの上にあるスタイルパネルで行います。このパネルでは背景色や枠線、シャドウの設定もできます。

ボックスの基本操作 ボックスの設定方法1

ボックスのHTMLタグやID、リンクURLを指定するには、ボックスの右上にあるアイコンをクリックして出てくる設定パネルで行います。

ボックスの基本操作 ボックスの設定方法2

ボックスを使ったレイアウトの応用

基本操作に書いたことを組み合わせるとSTUDIOでさまざまなレイアウトを作ることができます。

実際によくあるレイアウトのパターンの作り方をいくつか紹介します。

横並びレイアウトでメニューを作る

ヘッダーナビゲーションにある横並びのメニューは、ボックスの整列で横方向にテキストを並べるだけで作ることができます。

まずは、テキストを配置してメニューっぽくスタイルした後、必要な分だけ複製してテキストを変更します。

ボックスを使ったレイアウトの応用 横並びレイアウトでメニューを作る

繰り返しコンテンツでグリッドレイアウトを作る

グリッドレイアウトを作るには、ボックスの中に繰り返しコンテンツを作成して横方向に均等に配置し、横幅を越える分は次の行になるように設定するだけでOK。

ボックスを使ったレイアウトの応用 繰り返しコンテンツでグリッドレイアウトを作る

まとめ

STUDIOのレイアウトを使いこなすにはボックスの操作を覚えるだけでOKです。

でもSTUDIOだけだとレイアウト作るのにひと手間かかるので最初はFigmaやXDでデザイン作ってそれをSTUDIOに移植する方がやりやすいです。