更新日: 2022 / 08 / 25

STUDIOでおしゃれなWebサイトを作るためのデザインのやり方

カテゴリー: studio

STUDIOでおしゃれなホームページを作りたい人のための効率よくデザインする方法を解説。

ボックスでレイアウトを作れるようになったらあとはデザインのやり方を覚えれば誰でもおしゃれなWebサイトを作成できます。

  1. STUDIOでデザインするには?

  2. STUDIOのデザインでできること

    1. ボックスのデザイン
    2. テキストのデザイン
    3. 画像のデザイン
    4. フォームパーツのデザイン
  3. まとめ

STUDIOでデザインするには?

STUDIOのデザインは配置した要素ごとにできることが決まっています。

配置した要素をクリックしてアクティブにするとエディター上部にある項目から選択するだけでデザインすることができます。

STUDIOでデザインするには?

画像の場合は、明るさやコントラストの他にリピートやサイズの設定を行うことができます。

STUDIOのデザインでできること

どんなデザインができるかは以下のように配置した要素によって決まっています。

また、全ての要素はボックスとして扱われるのでテキストや画像でもボックスのスタイル設定が可能です。

ボックスのデザイン

ボックスでは以下のようなスタイルの設定ができます。設定内容を見ると分かるようにCSSに対応しています。

  • マージン: ボックスの外のスペース
  • パディング: ボックスの内側のスペース
  • 横幅: 横幅のサイズ
  • 縦幅: 高さのサイズ
  • 角丸: 角の丸みの設定
  • 透明度: 透明度の設定
  • 塗り: ボックスの背景色の設定
  • 枠線: ボーダーラインの設定
  • シャドウ: ボックスシャドウの設定

STUDIOのデザインでできること ボックスのデザイン

テキストのデザイン

テキストのスタイル設定は次のようになっています。文字組みの設定を変更することで縦書きの文字を作ることができます。

  • 文字間: 行間の設定
  • 行高: 行高(line-height)の設定
  • サイズ: 文字の大きさの変更
  • フォント: フォントの指定
  • 太さ: 文字の太さを変更
  • イタリック: 文字をイタリックに変更
  • 下線: 文字に下線を追加
  • 色: 文字の色を設定
  • シャドウ: テキストシャドウの追加
  • 配置: テキストアラインの変更
  • 文字組み: 文字のレイアウトを変更

STUDIOのデザインでできること テキストのデザイン

画像のデザイン

画像のデザインでできることは以下の通りです。画像は背景画像として設置されるので配置やリピートの設定ができます。

  • 明るさ: 画像の明るさの設定
  • コントラスト: コントラスト設定
  • 鮮やか: 彩度の設定
  • モノクロ: 白黒レベルの設定
  • セピア: セピア色の設定
  • ぼかし: ぼかしの度合いを設定
  • 配置: 配置方法を設定
  • リピート: リピートするかどうかを指定
  • サイズ: 画像のサイズを変更

STUDIOのデザインでできること 画像のデザイン

フォームパーツのデザイン

フォームパーツのデザインは基本ボックスのみで、Inputだけテキストのスタイルができます。

  • ホルダー色: プレースホルダーの色を設定

STUDIOのデザインでできること フォームパーツのデザイン

まとめ

STUDIOのデザインはエディター画面の上部にまとまってるのですごくわかりやすいですね。

配置できる要素ごとにデザインできるところが決まっているので迷うことなくスタイリングができると思います。