ShopifyにGoogleアナリティクスを入れる一番簡単な方法

ShopifyにGoogleアナリティクスを入れるには、テーマにコードを挿入するか、設定画面からトラッキングIDを入れる方法があります。

Shopifyでは決済ページがそれ以外のページと分離されているので、少し注意が必要です。

ShopifyにGoogleアナリティクスを入れる

まずはGoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得します。

トラッキングIDはGoogleアナリティクスのトラッキング情報ページにある、UA-00000000-0のように表示されているものです。

ShopifyにGoogleアナリティクスを入れる1

コピーできたら、Shopifyの管理画面の「オンラインストア->各種設定」ページに移動します。

Googleアナリティクスの項目があるので、先ほど取得したトラッキングIDをペーストします。※入力するのはIDのみです。scriptタグは不要です。

ShopifyにGoogleアナリティクスを入れる2

トラッキングできているかどうかは、Googleアナリティクスのリアルタイムデータを見ればわかります。

Eコマース拡張をONにする

トラッキングを確認できたら忘れずにEコマース拡張をONにしておきましょう。

SHopifyの方でも「拡張Eコマースを使用します」にチェックを入れておきます(トラッキングIDを入れた場所のすぐ下)。

Eコマース拡張をONにする

ShopifyのGoogleアナリティクスの注意点

GoogleアナリティクスはWordpressの場合テーマに直接コードを入れれば問題なく動作しました。

Shopifyでは決済ページがテーマと完全に分離されているため、テーマに入れたタグが認識されません(カートページまでは認識される)。

なので必ず設定画面からトラッキングIDを入れるようにしましょう。

ただし、Shopifyプラスに加入していれば決済ページも含めてカスタマイズできるため、コードの挿入で対応可能です。

Googleタグマネージャを入れるには?

タグマネージャは管理画面から入れることができないため、テーマにコードを入れることになります。

Googleアナリティクスと同様、決済ページでも有効にするにはShopifyプラスの加入が必要です。

Googleタグマネージャの入れ方はこちら。

Copyright © 2021 homupedia.com